FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
そんなわけで2日目。

まあ前日にゆっこ氏が手首が内出血してたり、九十九氏が死亡フラグギュンギュンだしてたかいもあって2日目のスキーは中止。

今考えてもやっぱり中止で正解な気がしますね~

快晴なのに雪がない。これは滑れてませんて。
そんなわけで、宿も追い出され、荷物も置く場所がない。
そんな僕らに残されたもの・・・それはデッキ
そんなわけで、真面目に空気を読まずゲレンデを見ながら食堂のテーブルひとつ占拠してSAPYさんと新制限でひたすら回す。

昼に戸狩ラーメンとリンゴ豚マンを食し、バスへ。

SAPYさんお疲れ様ですm(_ _)m

途中桜肉まんとか太いってレベルじゃねえぞ!!ってくらい太いジャンボフランクをゆっこ氏が食し最後に名古屋駅で解散~

まじお疲れ様皆の衆!!

来年(4月)から全員社会人というなんとも感慨深い、ちと寂しいオフでしたな。
次回がもし開催されたら今度はもうちょいお手伝いしますよSAPYさん。今回は本当にのっかりでゴメンヨ(><)

遊戯話しとモテ飯戸狩編はまた別の日に。


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.02.26.Mon 23:48 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
そんなわけで、スキー行ってきましたよ。

集合時間午後9時

バス出発午後10時40分
とかさっそく1時間と40分ほど何するんだよあんた?と突っ込みを入れたくなるような好スタート。

そのまま夜行バスで朝7時頃現地の戸狩スキー場へ到着。

今年は暖冬と呼ばれ、まあ冬だけどそれなりあったかいと思ってたのですよ。滑れるかな~と心配してたら、ついた時に限って普通に雪降ってきました
相変わらず無謀な挑戦をし続ける遊戯王友の会。
雪が降るこの中で誰も宿泊先を知らないという素晴らしき暴走召喚発動!!
とりあえず適当な休憩所を発見して避難して、SAPYさんを待つため10時ごろまで待機。

それでなんだかんだあって久々のスノーボード開始。
ゆっこ氏と九十九氏がスノボ始めてってことで、ブレーキのかけかただけ教えて、SAPYさんと頂上からすべる事に。

とりあえず私は1回崖から落ちるというハプニングに襲われるものの、下はぎっしりアイスバーンに加えて視界最悪のとっても難しいコースと若干被ってる中級者向けコースを滑りつつ、無事走破。

個人的にはもう満足。

なんだかんだで途中休憩を挟みながらも6時間くらいは滑れたかな。
骨折はなかったけど、肩と尻がマジ痛いわ~

夕飯は戸狩鍋をゴチ!お肉は豚!味付けはミソ!
ゴチゴチ!

その後は遊戯王(内容はまた別の日記でも)フリーやったり、大富豪やったりしたら娯楽も何も無い民宿故全員午前2時半頃に撃沈(まあよくおきてたけどさ。)
ゆっこ氏と九十九氏のアレトークにはマジ引いたわ。



今日は疲れたのでここまで。

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.25.Sun 00:00 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
あまりにもリアルな夢なので、もしかしたら何か起きるかもしれないので埋めように残しておく。

位置的に話がややこしくなるが、これはスキーにいって帰ってきた日に見た夢。原因としては筋肉痛と打ち身による痛みだと思われる内容。特にまったく面白くないが、記録用。
お話は目が覚めるところから始まる。昼頃だったかな。体が痛かったので目が覚める。
「体調不良のため今日は会社を休みます」と会社へ電話しようと思ったら携帯電話がなく、仕方なく1階の自宅の電話を使用しにおりる。
すると母親が昼ごはんを作っていた。
「おはよう」というと母はマジマジとこちらを見てきた。
「おはよう。久しぶりのお目覚めね」
母は奇妙なことを言う。
カレンダーを見ると3月のものに変わっていた。新聞をチラ見したら今日は3月14日だそうだ。
2週間ほど時が飛んでる話になる。
まったく記憶がない。軽い混乱に陥る寸前に母がいう。
「何も覚えていないの?」と。
そういえば、昨日の夜(といっても2週間前)はお酒を飲んだ記憶がある。それ以上は覚えていない。
かすかに覚えていることは、姉の友人に電車のホームまで送ってもらったこと。途中階段から転げおちたこと。
この2点だ。
「少し思い出した」と語ると母は語る。
「知り合いだから穏便に済ましてくれるそうだけど、もうどうなってもしらないよ」と。
何のことかと不思議がると母親が俺に何か小さな箱を渡す。
その中には水とその真ん中にあるモノがあった。
俺は愕然とした。何故階段を転げ落ちたのかを理解した。同時に記憶の失っていた間におきたことも全て理解できた。
俺は社会的地位を全て失った。


2007.02.23.Fri 23:51 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
彼女ができましたって言ってた友達と観にいった映画

あらすじ
回復に向かっていると思われていた日本経済だが、その実態は未曾有の危機に直面していた。この不景気の元凶はどこにあるのか。フワフワ浮いていた泡がぱちんと弾けるかのように、一気に地価が急落して不良債権と化したあの悪夢。そう、バブル崩壊を阻止していれば、現在の日本は別の形になっていたのではないだろうか? こうして2007年の日本では、タイムマシンを利用してバブル崩壊を食い止めるという破天荒な計画が浮上する。乗り込むタイムマシンは、なぜか洗濯機! タイムトラベルは成功し、バブルを謳歌(おうか)していた主人公とバブルを初めて体感するヒロインが出会う。2人は手に手をとって、1990年の東京を走り抜ける。日本経済の将来を左右するバブル崩壊を阻止するため、そして、時代を飛び越えて行方不明になった母親を救出するために。果たして、“洗濯機型タイムマシン”が導く結末は?

この文章はYahoo!映画より引用しております。
素材の著作権はYahoo!映画に帰属します


感想とか雑感とかネタバレとか
広末が久々にものすごくカワイイと感じた作品。

バブル時代に生きていないかといわれると嘘になるが、残念ながら我が家は景気が良くても良くなくてもまったく影響のでなかった家なので(影響を感じなかった年齢だったのかもしれない)バブルへGO!!を見てもノスタルジー的な見かたはやっぱりできないわけだ。
CMとかは見覚えがあったので、「こんなのあったな~」とは感じたし、むしろ広末が作中に出会う有名人達にアドバイスをするわけだがそちらのほうにノスタルジーを感じた。

内容はコメディとしてみるのが正解。
ぶっちゃけてしまうと、1990年代の風景とどっかでみたような洋画の1シーンを抜き取っただけの映画。
まずタイトルロゴからどう見てもバック・トゥ・ザ・フューチャーにしか見えない。
終盤のアクションシーンもどっかでみたような内容だけど忘れた。
あんまり良い映画とはいえないな~
主張があって無いというか。バブル時代を再現することで思考が止まってる感じ。ドラマが無いな~
ある程度オマージュとかして笑いどころを作ってあったので、退屈せず観れたけど、もしこれをおお真面目に作ってたらかなりの駄作になったと思う。バカっぽさも半端なので、日本人だから笑える程度かと。

う~んノスタルジー映画好きな人ならやっぱり印象違うと思うし。バブル時代をまたいだ人なら観ても損はない映画。



関係ないけど今日一番脳内がスパークしたのは「バブルへGO!!」の上映前にやっていた「スパイダーマン3」の予告です。
今のところアレを見ると自分の中では相当きてます。


今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.18.Sun 00:00 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)
ま・・・マジック快斗4巻が発売してますよ~((((((;゜Д゜))))))ガクガクカグブルブル

え~とわかる人にはわかると思う作品ですが、4年半ぶりに再開とかマジありえないわけですよ。

話は変わって
去年の4月から魔チィとゆっこ氏が集めた漫画をざっと数えてみました。

魔チィ
コータロまかりとおる:全56巻
頭文字D:34巻
オレはキャプテン:13巻
鋼の錬金術師:15巻

ゆっこ氏
すもももも:6巻
ひぐらし(ほぼ全部):多分11巻かな?かな?
ネギま!:17巻くらいだっけ?

こんなもんかな?
ゆっこ氏はわりと流行りにのった漫画を買う傾向にあるような感じがしますね~

自分はよくわかりませ~ん
まあ100冊超えてるのだけは確か。

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.18.Sun 00:00 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
私の尊敬する天然の王ことゆっこ氏より助言をいただきました。

「貴様のデッキは個性がなさ過ぎるぞ!!」

ハイハイ。個性のあるデッキ使ってるほど現役じゃないっすよ。
むかついたので鎖を捻ってみた。

モン15枚
ブラック・マジシャン
THE トリッキーx2
熟練の黒魔術師x3
憑依装着-アウス
憑依装着-ウィン
憑依装着-エリア
憑依装着-ヒータ
霊滅術師 カイクウx2
魔導戦士 ブレイカー
ものマネ幻想師x2

魔法7枚
サイクロン
押収
我が身を盾にx2
大嵐
天使の施し
貪欲な壺

罠19枚
マジシャンズ・サークルx3
メタル化・魔法反射装甲x2
リビングデッドの呼び声
強制脱出装置x2
砂塵の大竜巻x2
鎖付きブーメランx3
鎖付き爆弾x3
神の宣告x3

計41枚


パーツは全部鎖の概念を継続。
同型のエアーマンにやられちゃ面白くないので、最低を1800を繋ぐ感じで。
メタル化を入れたのはとりあえず打点を全体的に上げたので、サイドラ、攻撃力2100をなんとか引き分けまで持っていけるため搭載。
消えない装備カードのほうが若干強いと思うのですよ。
憑依シリーズはマイクラ避けとか書いてみます。
トゥーンヂェミとかも入れてたものの、暗黒界がいるのでやめる事に。
マリオネットとかも入れたいところだけど手札事故で泣きそうなのと、マリオネットでカウンター置けるほど魔法積んでいないのでパス。

ゆっこ氏に見せたところ。
「劣化乙」

と褒められました!!

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.16.Fri 00:00 | デッキ考察&紹介 | trackback(-) | comment(-)
ブァオン!!ブォン!!ブォン!!ってエンジン音のバイク映画を見るつもりが、キュイーンってエンジン音がしている件について。

あらすじ
“アプリリア/RSVミレ”の爆音を響かせて、ケアリー・フォードが街に帰ってきた。半年前、麻薬密売の容疑を着せられ、一人姿を消したフォード。そして今フォードは、恋人シェインとやり直すために帰ってきた。街を去る前、フォードはバイカーギャングのリーダー・ヘンリーから数台のバイクを預かっていた。実はその車体には大量のドラッグが隠されていたのだ。さっそくヘンリーは預けたバイクを返せと迫ってくる。自分に罪を被せたのがヘンリーだと知ったフォードは、ギャングと決着をつけるべくアプリリアにまたがった!

この文章はgoo映画より引用しております。
素材goo映画の著作権はに帰属します。


ネタバレとか雑感とか感想とか
「ワイルドスピード3」に続く「エロイ!速い!カッコイイ!映画」。
レンタルビデオですよ~と
順序だてて書いていくと
序章:いきなり改造車2台とカーチェイスしているところを主人公のバイクが時速300キロでウィリー走行でぶち抜く。
ハイ。きてます。きてます。

前半:なんだかんだで仲間と合流してバイク祭りなるものへ出陣。
ハイお約束のエロイカッコウをしているムチなお姉さま達登場(;´Д`)はぁはぁ
レースクィーンとかちょっとした車の展示会ならいるのわかるけどさ。
何故男性の人数より女性人口が多いように見えるのか不思議だ。
アメリカ文化はやっぱりわかりませぬ。

中盤:敵にはめられてどこぞの不良グループに追われる主人公。線路沿い走ってます。
横に電車が走ってきました。
ジャンプ台がありました。
飛びました。
電車の天井走ってます。
かなりきてます。きまくり上がってます。

終盤:女同士の「バイクでキャット・ファイト(はーと」も面白いけどなんといっても面白いのは主人公がのる「Y2K」なるバイク。
敵がニトロでドカンと急加速で逃げるのを普通に追っかける。
画面ドンドン飛んでく。
主人公横走ってるだけで公害です。
人は吹っ飛び、ソニックウェーブでガラスは割れるし、そこに正義はあるのかい?と小1時間問い詰めたくなるくらいいろいろふっ飛ばしながら追走してきます。
景色がかなり吹っ飛びながらも何故か敵とバイクに乗った状態で殴りあってます。
で、最終的にお互い転倒して敵がバイクの爆発に巻き込まれて死んじゃうっぽいのですが、相当派手にバイク爆発してます。
絶対「Y2K」なるバイクは「バイクの形をしたミサイルだ!!」と認識できちゃうぐらい大きく爆発してます。

そんなわけで、ハチャメチャな内容で殴り合えば友情が芽生え、追っかけ会えば愛が芽生え、悪い奴は必ず滅びる、絶対正義のナイスな映画でございますよ。
アクション好きでバイク好きにはたまらん映画かなと思います。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.12.Mon 00:00 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)
せっかく社会人になったので
学生時代まったくできないことをしようと思った。

学生時代。もっともケチった分野。それは飯。

うまいものが喰いたい。
理由はそれだけで十分だった・・・・

そんなわけで今回は猪鍋こと牡丹鍋食べてまいりました。

ミソ仕立てってことで、今回は辛みそをチョイス。
見た感じ鍋自身はいたって普通のモノ。
野菜たっぷり。肉たっぷりって感じ。

牡丹鍋ってことで、お肉の並べかただけは牡丹の花っぽくしてくれてました。

感想:(゜д゜)ウマー

ミソ仕立てなので味はこてっちゃんみたいな感じ。
ダシとかはあんまり出てないっぽい。
臭みはあまり感じづ、ぶっちゃけてしまうと豚肉の赤身なのは内緒だ!!

シャキシャキして独特の歯ごたえがぐっとです!!



おまけで試した初モノ
京風串揚げ風バナナ:冷たい。甘い。衣とマッチしていない。チーン
鯨のカラアゲ:魚臭い牛肉?って感じ。前も書いたけど魚臭い哺乳類ですよ。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.12.Mon 00:00 | モテ飯 | trackback(-) | comment(-)
↓下のようなデッキを作って回したら!!

モン16枚
森の番人グリーン・バブーン
怒れる類人猿x3
E・HERO エアーマンx3
アビス・ソルジャー
異次元の女戦士
魔導戦士 ブレイカー
E・HERO オーシャンx2
グリズリーマザーx3
黄泉ガエル

魔法15枚
E-エマージェンシーコールx2
サイクロン
押収
我が身を盾にx2
月の書
収縮x2
増援x2
大嵐
天使の施し
突進x2

罠10枚
リビングデッドの呼び声
強制脱出装置x2
鎖付きブーメランx3
鎖付き爆弾x3
聖なるバリア-ミラーフォース-

グリズリマザーが「獣戦士」ってこと忘れてた!
はい! はい! はい!はい!はい! あるある探検隊!

グリズリーってどう見ても獣でしょ~orz
このネタがわかるユーザーってやっぱり遊戯ユーザだけだよな~


今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.11.Sun 00:00 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
今更ながら見たかったのでみましたよっと。

あらすじ
「被験者求む。模範刑務所で2週間の心理実験。報酬は4000マルク」という新聞広告を目に留めたタレク。かつては敏腕記者だったが今はタクシーの運転手をしているタレクは、この実験をレポートし記者として復活しようと考え、さっそく申し込むことに。面接に合格し、タレクを含む20人の被験者が集められ実験はさっそく開始された。実験用に用意された刑務所内では被験者たちが看守と囚人に分けられた。始めは皆、お金だけもらい、さっさと終らせようと遊び半分で参加していた実験だったが、1日経つか経たないかの間に、被験者たちの態度に変化が現れ、実験はとんでもない方向へ………!

この文章は映画生活より引用しております。
素材映画生活の著作権はに帰属します。


感想とか雑感とかネタバレとか
2週間で本当にこれほど人の精神が変わっていくのかな~
2日目にいろんな兆候でてるからね~
共感できる点もあったかな。
特に看守役。
どういった背景で選ばれたのかはよくわからないももの、看守役に選ばれた人は良くも悪くも真面目な人。仕事熱心な人に感じた。
囚人達を管理する仕事が看守なわけで、それをいかに制御するかについてはやっぱり単純な方法としては「恐怖」かなと。
今回のお話では被験者が「一般市民」だったからこういった「問題作」となったけど、日々の日常で行われている看守と囚人の関係はもっと厳しいものかな~と思ったり。
ルール無用な相手に対し、警戒しない人間はいないわけで、そういった人にどのように対処するかは映画通りかと思う。
囚人達の生活にも同情できる。
毎日他人と同じ部屋で、プライバシーは一切なく、娯楽もほとんどない。抑圧に対しての発散がない。
こういうのが極限状態かな~ってのはわかる。
人間である以上、ストレスが発生する。ストレスに対しなんらかの発散方法をおいておかないと人は間違いなく変な行動を起こす。
そういった狂気は外側にも伝染し、看守達にも余分な抑圧を与える。
情とかどうなんだろう?
囚人間であっても囚人と看守の間では生まれないのかな~
少なくともそう感じさせる作品ではあったし。
面白い作品ではあるもののどういった人に好まれる作品なのかは謎。
とりあえず一般人が犯罪者に洗脳されていくホラーってことでFA


関係ないお話だけど、なんかの雑誌で読んだけど、囚人の集団脱走や集団暴動もある一定の周期があるとか。
兆候があって、それがピークに達すると大きな被害が生まれるとか読んだ気がする。
囚人でありながらストレスの発生させない生活を提供するってことはやっぱり罰ではないって感じがしますね~。刑務所の目的としては「犯罪者を監視下に置く」ってことが良くわかる映画ですな。


今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.11.Sun 00:00 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
書くことは徒然と浮かびつつも
字に起すぱわぁ~が無いわ~

まあ一息つきながら明日を夢見ます。

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.07.Wed 00:00 | 生存報告 | trackback(-) | comment(-)
最近の回してるデッキは3つ

・エアネオスことネオスビートなデッキ
サイコ入れたりリリー入れたりといろいろと調整中。
裏モンがどうしようも無いので最近は使徒やらミスティやら入れだすしまつ。

・ダークゴーズ
我が身を盾に以外はほとんどレシピは変わらず。
これまたクルクル~って回してる。
見習い入れて執念入れるか素直に執念一枚にするか深淵入れるか~とループ中。
ダストマイクラは基本的に入れない人。
場のモン守れば勝ちでしょう~ってことで

・鎖エアー
グリズリー抜けてアビス1抜けてドリルロイドがなんか入ってきたところ。
何故かミスティ2→4の流れを入れたくて両方入れてるしまつです。

ダークゴーズはサイドラとエアーで殴ってる間に手札で死んでる暗黒軍団を爆発させる感じ。
エアネオスは相手と殴り合って息切れしたところでネオスが刺さる感じ。
鎖エアーはとりあえずエアーマンを墓地に置くのことも含めてデッキから引っ張る感じ。

勝利へのラインが見えるとやっぱり面白いわ~

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.07.Wed 00:00 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
つ・・・・疲れた・・・・

今日もお疲れ様です。でわでわ
2007.02.05.Mon 00:00 | 生存報告 | trackback(-) | comment(-)
あらすじ
何百年もの間、象と共に生活をおくる最強のムエタイ兵士の末裔が暮らすタイの静かな村。ある日、村に現れた動物密輸組織によって二頭の象がオーストラリアへと連れ去られてしまう。家族同然の象を救うため、カーム(トニー・ジャー)は単身シドニーへと向かう。・はたして、カームは無事に”家族”を助け出すことが出来るのか?命を懸けた闘いが始まる!!

この文章はCINEMA@PLALAより引用しております。
素材CINEMA@PLALAの著作権はに帰属します。

ネタバレとか雑感とか感想とか
スカーッとする映画が観たくて借りました。
感想としてはスカーッてよりウワーッて感じ。
若い頃観たジャッキーのアクションと同じ興奮を得た感じ。
とにかくニーキックが高いのですよ。
殺陣が上手いというかカッコイイ。
おそらく目玉だと思われる、異種格闘技戦のシーンは目玉にしてはカポエラの人とプロレスの人意外いまいち印象が薄いな~って感じ。
最後のほうでやっていた49人(だっけ?)連続関節決めはアクションシーンのはずなにもはやコメディにしか見えない。
敵が大勢襲ってきてるはずなのに何故かホトンド同時攻撃しないわけですよ。もう順番待ちというか。
49回ボキボキ言ってます。足関節やら腕やら決めまくってた。
首折りはなんかやってないような気がしたけどとにかくすごいわ。
内容はアレなのですが主人公のトニー・ジャーのアクションはかなりかっこよい。

アクションシーンだけはお腹一杯用意してあるので、それが好きな人にはお薦めの映画。

今日もお疲れ様です。でわでわ

2007.02.02.Fri 01:46 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)
ルールの無い世界を暇潰しに考えてみた。

仮にホームレス等の現代社会に溶け込めない人達が現代社会から外れた場合のお話。

まず一般的常識というものが全て無くなる。

人を殺めることが罪でなく、
スピード違反が罪でなく、
飛び出し事故が罪でなく、
強盗が罪でなく、
金銭価値がなく、
著作権がなく、
税金を支払う義務もなく、
政治家もなく、
安定した食料もなく、
共通した言語もなく、
売買という概念がなく、
上下関係というものもなく、
罪を裁くものがなく、
悪人もなく、
善人もなく、
救助もなく、
注意もなく、
尊敬もなく、
親もなく、
子もなく、
ペットもなく、
友人もなく、
罪もなく、
電気もない。

全ての関係が無い世界。
まず簡単な所で法律が無い。
法律がなければ物々交換が成立するだけで、一定の価値観が必要とする金は発生しない。
金銭という報酬がない場合、会社は生まれない。何故ならタダ働きをする人間はいないからだ。おそらく、「協力」という形で生きやすい形をとるか、ひたすら食料を作るかの2択であろう。

親と子も関係がない。生んだ人と生まれた人の関係を結ぶものがない。故に育てる義務はない。
悪と善は「やっていいこと」と「悪いこと」の比較で論じられる。法律がなければ、良い事もわるいことも存在しない。
善悪の判断がなければ、それを裁くこともできない。
故に裁くものが現れない。

人は当たり前だが「日々を生き抜くこと」を第一に考える。
極端なお話、毎日ご飯が食べれなければ毎日食料を得ることで一日が終わる。
食料しか求めない日々が続けば当然食料保持の技術は向上するが、その他の技術や理論にはならない。
故に電気や車、通信関係の分野での向上はほぼ無理。



歴史を見る限り、人は知恵があり、人と人とが寄り添う協力関係は成立しているのでまず上のようなことは長い目で見れば起きないわけだが、現状では「社会」を嫌う人もいるのが事実。
彼らのためにも、まったく法のない世界を提供してみたらどうだろうかと思う時がある。
無法の世界とは、「人が一切の交わりを持たずに日々を生きる世界」だと思う。治安が悪いとか以前のレベルの環境におかれた場合でも「当たり前」が出てくるのだろう。

まあそんな弱肉強食な世界を提供した場合、常識の通用しない国が存在することを認識しなければならなく、それもまた恐怖といえる。


2007.02.01.Thu 04:17 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2007.02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。