FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
遊戯王の公認大会というものは、もっとも身近に参加でき腕試しのできる場所である。

地方により開催回数もまちまちだが、多くのゲーム中で開催回数は非常に高いと思う。

だが、遊戯王でもトーナメントプレイヤーとカジュアルプレイヤーという言葉があるように、「勝ち」を重視したプレイヤーと「娯楽」を重視したプレイヤーが混在する。
そして多くの場合、公認大会には両方のプレイヤーが参加する。

今でこそメタゲームが広がったため、多彩なデッキが存在するので双方のプレイヤーの欲求は成立しているように感じる。

この場合の「欲求」とは
トーナメントプレイヤーは「勝ち」を好む。
カジュアルプレイヤーは多彩なデッキとの「駆け引き」を楽しむ。

例えば、現状で自分の地域では「帝デッキ」が流行っている。
が、「帝デッキ」と書いても、生贄媒介がバブーンを絡めた形やD系の形もある。バルバも絡めたり、ライダーもある。
「多彩なデッキがあふれる環境」とは「デッキ名をしいて書くなら帝デッキだが、帝ですらギミックの1つでしかなく、帝デッキの特性が残っただけの、誰かから見れば違う名前のデッキともとれる環境」である。

逆に「限定された環境」とは「勝つ上で必須とされているカードが、本来ならデッキの特徴として示すべきコンセプトを圧迫し、デッキの特徴を大きく殺し、すべてのデッキの動きが同じ動きを示す環境」となる。

トーナメントプレイヤーにとって、勝てればどっちでも良いのに対し、カジュアルプレイヤーにとって「限定された環境」を楽しむのは非常に難しい。


こういったスタンスの違いはプレイにも現れる。
偏見かもしれないが、カジュアルプレイを楽しむ際に、すべて公認大会のルール規定に乗っかって行うのは無理がある。
トーナメントプレイヤーの多くは「カジュアルモード」と「トーナメントモード(ガチモードともいう)」の使い分けができてる感がするが、カジュアルプレイヤーはあんまりできていない感じがする。
メタゲームを意識したデッキ構築とメタゲームを無視して強そうなデッキをプレイするのではちょっと違うのである。

そういった温度差が生む弊害を解消するべく方法は実際環境を操作する小波さまにあるので、ゲームバランスの調整はがんばって!!としかいえない。

問題は店舗開催の公認大会。
いまだに「場所は貸すし、IDも小波さまに送るから後は有志でやって下さい。」ってお店が多い。
カジュアル、トーナメント、初心者の3つをうまくまとめるのに有志でやるのは非常に疑問を感じる。
大規模大会のようにルールに詳しいスタッフを配置して行うのが本当は望ましいが、実際多くのカードゲーム大会を行う店舗でそれをスタッフになんとかしてくださいというのは難しいところ。

私的ではあるが、大会でよくおきるユーザー感での問題を書いてみよう。

①ルールの誤認
解釈が変わった。変更が行われた等のルールの誤認。
カジュアル、トーナメントプレイヤー両者共、こちらに精通した人は非常に多く、ゆえに理解させるのに難しい。

②プレイミス
デッキのトップを落としてしまった。
伏せたターンに罠カードを発動してしまった。
サイドデッキが14枚しかない件について
俺の手札に青いカード1枚入ってるんですけど
などなど

③調整中のプレイをしてしまった場合
新弾発売した場合によくおきる。

④ディスリスペクト
あ~事故らんければ勝てたのに~
他の店舗じゃそんなルールありえんし・・・
雑魚デッキに負けた~
などなどディスられます。


上記のような問題はプレイヤー感の仲を悪くします。
特にどっちが悪いにしても、多数決(つまりは常連達の意見)で決まってしまいます。
その場合、トーナメントによく参加するプレイヤー=トーナメントプレイヤーとなり、
カジュアルプレイヤーとの温度差は広がると思ってます。
こういった場合第3者が判断してくれると、少なくとも店サイドの責任にはなるので、プレイヤー感でのいざこざは軽減できると思います。
そもそも、環境によって変動しやすいプレイヤー(復帰組ともいう)も存在する以上、そういったプレイヤーたちにも公平にプレーできる環境は店舗サイドに重要だと思います。
フェイズ確認、カット等はマナーの問題ですが、上記の問題の場合店舗に判断を任せたほうがいざこざが減ると思います。


店舗側に望む解決策
①の場合
状況を説明できる能力をつけてほしい。
そうすることで、小波に電話にてジャッジを得られる。
これはすべてのカードゲームを行うさいに応用できる(ただし発売会社がサポートを大会時間中にしてくれることが前提条件)

②の場合
店舗ルールを元々用意しておく必要が感じられる。
基本的に「警告」あたりが望ましいが、「何回警告されるとどういった罰則が与えられるのか?」これを大会開始前、もしくは1回戦の間に掲示しておいてほしい。

③の場合
小波にジャッジを伺って調整中の場合。これも「店舗ルール」適用となる。
その時点では調整中である以上、その時点ではどちらのルールも不正解かもしれない。
ここもユーザー感のジャンケン。ダイスの目などで、決定させるように促すのが良いと思う。
その際、仮にその「プレイが成立しない」と確定した場合、そのプレイを巻き戻すことも配慮として行うのが望ましい。

④の場合
あからさまであるものに対しては正直、半年ばかり店舗大会への参加は遠慮していただきたい。
身内同士ならばいいけどさ~
負け惜しみは聞こえないところでしましょう。


第3者による大会運営。これって結構重要だと思うのですよ。
新規に及ばず、大会に参加しなくなった理由に「店舗側がユーザーに任せたから起きた弊害」もあると思います。それはユーザ間で話し合われることはなく、単なる1ユーザーの「黒歴史」程度で終わるお話です。
知らず知らずのうちに大会参加者が減っている店舗は果たして良いプレイヤーがいる場所なのでしょうか?
一度見直してみてはどうでしょう?


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2008.01.31.Thu 01:50 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
ハンドボールに熱狂している日本ですが、これをきっかけにハンドボールも有名になってほしいものです。協会さんがんばって。

今回の問題で審判が不正な判定を行ったためやり直し。となったのですが、個人的にはすべてのスポーツにおいて公平な判定を下せる審判って少ないと思います。

厳密にいうと開催国よりってのはどの国際大会(オリンピックなんかとくに)でもあるもので、それが金メダルに近い道でもあります。

フィギアスケートでジャンプのタイミングに足を交互に出すってまたよくわけのわからないルール変更があると聞きました。
これまた、某国の審判が採点に不正が確認されたためとのこと(真実は闇の中ですが)
フィギアスケート等こういった芸術的要素を含む競技の採点って厳密化、細分化すると演技から芸術性が欠けていくんですよね。
「ミスのしないプレイ」というのは決められたプレイでしかなく、予想の範疇で競技が繰り広げられていきます。
「芸術性」というものは常にアバウトで、「厳密化」というのは不可能に感じます。
競技にする以上、採点基準は必要だし、それに選手たちが順ずる気持ちもわかります。
しかし、一般人の目から見て良い悪いはそうは行きません。
ここで「国際試合勝つための選手が一般人の意見など聞くか」という人もいると思いますが、国際試合の回数より国内の大会のほうが多い競技だってあります。
そういった場合、お客を喜ばせるプレイってのは重要です。
皆の目がいきやすいオリンピックなどで良いプレイをすれば、やはり母国に帰った際お仕事来ると思います。

お話は戻って原因はさておき、「国際大会における審判の不正」が少しむごくなってきました。
しかし、様々なことを行ってもなくなる気配がない以上
大会中のルール。「不正であっても大会を進行する」ってことが暗黙の了解である以上
審判を国際的に裁く機関が必要な気がします。
いくらお金が積まれようと、デメリットが多ければ抑制になると思います。
少なくとも、誰かが責任をとることは重要で、そして犯罪者を生むような国際大会は開催する意味がないってことに気がついてほしいものです。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.29.Tue 23:12 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
新制限予想ならぬ新ルール予想。

悪まで予想。むしろ願望。


こういったルール改正の見本として「チェーンの追加」という既存のカードたちにアイコンを付加することで使うパターン。
「ターンプレイヤーの優先権」のように、プレイに対する厳密化などがある。

「ターンプレイヤー優先権」こういった類のものでは「サレンダー」の公式にルールとして採用がうれしい。

「チェーン」みたいのでは個人的にはフィールド上の前衛、後衛の制度がほしいところ。

魔チィの考える前衛。後衛制度

前衛と後衛の特徴。
・前衛
①前衛の存在するモンスターはバトルフェイズ時攻撃できる。(攻撃しないこともできる。)
②表側攻撃表示でしかその場所にそのカードのプレイヤーは置くことはできず、そのカードはプレイヤーの意思では表示形式を変更できない。
③攻撃宣言時、相手の場に前衛モンスターがいる場合、そのモンスターにしか攻撃できない(直接攻撃できるモンスターは別)

・後衛
①通常召喚する際、裏守備セットはこちらでされる。
②特殊召喚をするモンスターはすべてこちらにされる。
③前衛モンスターが破壊されない限り、攻撃対象にはできない。

共通ルール
①通常召喚する際、セットならば後衛へ。表側攻撃表示で召喚する際は前衛、後衛どちらでも良い。
②前衛、後衛への移動は召喚、特殊召喚されたターンはできない。次のターンのメインフェイズ時に移動可能。


こんな感じ?
イメージ的にはデュアル、トゥーンモンスターが守れる。
特殊召喚時に後衛に呼べて攻撃に参加できないから、エアブレ系デッキは一応止まる。


次に
・初手1ドロー禁止
・初手魔法カード使用禁止
・手札制限なし
・属性間の攻守補正

属性に合わせて攻撃力を500くらい補正をかける。
それによりメーカー側からより環境を作りやすくする。

う~んこれくらいかな?

ライトロードとか考えると前衛とか後衛のシステムがベストな気がする。


今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.29.Tue 01:06 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
本当に雑記。
旬だと思うカードたち。

・サンブレ
フリーチェーンでどれでも破壊可能。
ダムド効果チェーン
帝効果チェーン
デミス効果チェーン

1枚挿しで機能する優秀なカード。

・奈落
帝とオーシャンビートとその他モロモロの相手の切り札的なカードを最小限のディスアドバンテージで交換できるカード。
構築の段階で、若干発動させやすくする必要性がある臭い。

・クロウ
ダムドデッキ相手にはこれでなんとか。
まず墓地をなんとかして4枚にして
相手の回収手段。調整手段をクロウする。
個人的にはカイクウより好き。

・鎖付きブーメラン
爆弾と悩むところ。ダメステ500アップのみを狙うならどっちでも良く、正直2枚スロットがあったら、1枚ブーメラン。1枚爆弾で相手にわけわからんデッキを印象付けるのも好き。

・ブルーサンダー
個人的にポジションとしてはゲドンとかアスラとかの位置。
キメフォいなければ鎖デッキに使うんだけどね~

・転移
何か強い。ダムド奪える。帝奪える。デミス奪える。それで十分


最近旬じゃないと思うカードたち。
・モール
すべてはライザーが悪い。デッキトップに戻ってもアド損にならないカードを考えていくと、帝やハイビになる。どっちにもモールで手札に戻しても面白くない。
ただ、ぶっぱに効くのが良いわけだが、そもそもぶっぱで次のターンをあまり期待はできない。

・カイクウ
使われて強くて、使ってみて弱いカード。マジックミラーか閃光使ってたほうが良い気がする。


全然イメージがわかないデッキ

・パーミッション
カウンターで打ち消していってアルテミスでアドバンテージ稼ぐスタイルがまったくうまく作れない。
イメージとしては相手の場のモンをキックバックで戻し続けてけば勝てる気がする。
最近のシムルグと暗黒の扉を入れて守り続けても勝てる気がする。
そもそも。
場にアルテミスを維持しつつ、効果破壊と戦闘破壊をカウンターで打ち消し、5回ダイレクトを通すデッキって難しいと思うのですよ。
黄泉ガエルがなくなったらよいかもしれない。


今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.23.Wed 00:52 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
ってのは非常に贅沢に感じる。

「生きる」ってことがまず難しい。
衣食住の確保。
現状の自分が一日どれだけ浪費しているかは一度計算してみると良いかもしれない。
衣食住が成立した上で、夢とか「生き方」とかを真剣に考えれると思う。
夢半ば衣食住がつき、死んでしまったら失敗であるからだ。
何をなすにも、前提条件として「衣食住」の確保は人間である以上、存在する。

衣食住が完全に提供され続ける時間ってのは短い。
すなわち、両親に養ってもらっている時間となる。様々な家庭環境があるため、「生き方」について考える時間は短い人もいるだろうが、両親に養われてる時間とは、「生き方」を考える時間である。

「子供は勉強が仕事」という親もいるだろうが、少なくとも「仕事」ではないと思う。
「勉強」とは世界を広げる手段。世界を知る手段。いきなり「生き方」を決めるのは不可能で、大まかな部分から自分を認識、限定していくことは重要だと思う。

今の小、中、高、大の制度は自分の「生き方」を定める上では個人的には「良い」と思っている。
小、中はまあ似たようなものだが、高校あたりから「専門」「就職」「普通化」という選択肢が出てくる。
物事にもよるが、専門性については早いほうが良い。特にスポーツ選手はスポーツ専門の所へ行くと決めたら行ったほうが良い。
スポーツ選手の寿命とは非常に短いものだからだ。

大学を選択する際「学部」が存在する。個人的には学校名より「学部」を優先した選び方をしてほしい。
有名大学に入れる学力ならば、学名を重要視する考え方に賛同するが、中堅所ならば「学部」を優先してほしい。
大学とは結果を出さない、無駄な企業に等しい。学歴という免許がつき、ある一定の条件以上の場所ならば、有効な学歴であるが、ほとんどの大学は「大卒」の文字がかける程度の価値である。
ならば、「学部」選びに性を出してみたほうが良いと思う。なぜならば、学部ごとによって将来が見えてくるからだ。
また、そうやって選んで失敗した場合でも自覚が持つことが重要だと思う。
興味のあるものを突き詰めてやってみて敗北するのは、若いうちのほうが良い。

基本的には大学が終われば就職するので、独立するわけである。
自分が生きていくにはまず衣食住が重要とされる。
生き方を考えた結果現状があることを認識してほしい。
衣食住がそろわない生活をしながら夢を見続けるのはまず不可能であることを認識してほしい。
娯楽をしたいのはわかるが、それを行うことで夢から遠のくことと、生活が苦しくなることを考えなくてはない。
メンタル面的弱さの強化は、精神的にタフというのはある意味筋力は技術力よりはるかに重要だということを認識しなくてはならない。

人生を考える時間は、人生から見れば短い。
そして、個人ができることもそれほど多くはない。
個人の「幅」とは「衣食住+α」しかない。
どれだけ偉人でも、どれだけ惨めな生活をしていようとも本質は変わらず、ようはセンスで踏んでるか、惰性で踏んでるかの違いにしか少なくとも私には見えない。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.21.Mon 01:47 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
あるところにカップルがおりました。

2人は相思相愛で、地上最強です。
どれぐらい最強かといいますと、二人が喧嘩すると天が裂け地が割れます。
ある日2人がこの世の不合理に気がつきました。
2人はとりあえず世界征服をすることにしました。
しかしそこで2人の意見が割れました。

男性は言いました。
「俺の世界征服は、世界のすべての思想を統一させることだ。言葉と文化を共通させることで、全世界の人たちに平等に雇用が与えられるはずだ。仕事と共通の通貨、法律を作ることで、平等な裁定が行われる。そのためにはまず世界と戦争を行うことだ。」

女性は言いました。
「私の世界征服は現状の政府を守ることにあると思います。人は自由な思想を持ち続けるべきです。その集大成が政府にあると思います。私たちの力は人を超越しており、確かに世界を支配することも可能でしょう。人を導くこともできるでしょう。
しかし、未来を誰か1人にゆだねるのではなく、不特定多数の暴力以外を用いた競争を行うべきです。それが人の進化であり、思想の進化だと思います。だから、モラルを破壊する事柄、たとえば、戦争とテロを暴力によって虐殺することです。そして私たちはモラルの向上を中立な立場として行うのが私の世界征服です。」

一度ゼロにして、再び平等にしようとすること。
本来ならおきるべく人類の「変化」すなわち、戦争、テロ、天変地異から守ることによって、人工的な「進化」を狙うこと。

2人は喧嘩をしました。天が裂け、地が割れました。

喧嘩の途中で男性のほうが、折れました。

男性はいいました。
「何度考えても賛同だけはできない。」
そういって彼女の前をさりました。

女性はその有り余る力で世界を制しました。

百年ほどたって、世界は大きく変わりました。
そして彼女は自分の考えが失敗だと思いはじめました。

そのとき、彼が戻ってきて、再び喧嘩をしました。再び天が裂け、地が割れました。

男性は言いました。
「百年ほど見てきて君の考えが間違っていると思った。そして、自分の考えも間違っていることに気がついた」

女性は驚きました。男性は続けました。
「僕たちの目指す世界征服は小さな土地と国を持つことだ。そこで、全人類からみればわずかな人々と従え、支配しよう。それが百年間考えた結論だ。」

女性はその考えに納得し、2人は小さな土地を略奪し、独立国を勝手に作り、幸せに暮らしましたとさ。


今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.17.Thu 00:58 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
久々に種族デッキ作りました!!

モンスター(21枚)
融合呪印生物-闇
冥府の使者ゴーズ
魔導戦士 ブレイカー
創世の預言者
神竜 ラグナロク
終末の騎士×3枚
仮面竜(マスクド・ドラゴン)×3枚
ランサー・ドラゴニュート
メタモルポット
ダーク・アームド・ドラゴン×3枚
スナイプストーカー
サファイアドラゴン
クリッター
アックス・ドラゴニュート×2枚

魔法(9枚)
龍の鏡(ドラゴンズ・ミラー)×2枚
未来融合-フューチャー・フュージョン
封印の黄金櫃
大嵐
早すぎた埋葬
手札断殺×2枚
サイクロン

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
鎖付きブーメラン×2枚
激流葬
リビングデッドの呼び声
ゴブリンのやりくり上手×3枚

融合デッキ
F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)×3枚
デス・デーモン・ドラゴン×3枚
ドラゴン・ウォリアー×3枚
ナイトメアを駆る死霊×3枚
黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-×3枚
魔人 ダーク・バルター×3枚
竜魔人 キングドラグーン×3枚

ドラゴンデッキのアイディアに詰まってる人がいたので、久々にドラゴン族のカードを眺めながら作成。
ドラゴン族デッキのイメージと言えば昔ならがパワーカードは存在するが、下級が不足している感があった。故に、種族デッキとしては組みにくい部類だったが、フロフレあたりから小回りの効くモンが出てきた。
そして、ダーク・アームド・ドラゴンの出現。理由付けとしては十分だろう。
ダムドデッキを作るにあたって重要なのは墓地のコントロール。ダムドが呼べる状況を常に保持しつつ、ダムドを呼んだあとは墓地に闇を送るシステムは必要。
そこで、未来融合、終末、龍の鏡、手札断殺の投入。
ドラゴン族に縛る理由として十分なのはやはりF・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)だろう。
F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)モン闇であることも重要。5体除外した後でも1体闇が墓地に溜まることも重要。
理想的な流れとしては、F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)特殊召還→ダムド特殊で相手の場を全部破壊→ダイレクトで勝つ
それができなくても、F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)の攻撃がかすれば相手にはかなりのダメージがあたるはず。

リアルのデッキであるが故、ボマードラゴンが入ってないが、この辺は調整課題。
モンが多いデッキ故、モン事故が多いため、やりくり断殺シフトを採用。実験的に奈落と鎖ブーメランのコンバット+単体除去をメイン採用。
ドラグーンを呼ぶ機会がまったくなかったので、ラグナレク、呪印を抜いてボマードラゴンを採用したほうが良いかもしれない。

個人的によく見るダムドデッキの劣化版として作ったつもりだったが、そんなこともないというのが今回のデッキ作成後の感想。
いろんなレシピを見たが、闇単で組むパターンが多くそういうデッキって印象が強かった。
確かに貪欲な壷がある以上、闇単で行くのも、終末と黒忍がいる以上、戦士で闇単が一番ベストなのかもしれない。
このデッキを作ることによって、他の属性をからめた形でも十分回ることで可能性があるってことが重要。ダムドは呼べれば開闢並の強さを誇るカードなので、これから嫌われるカードとなるかもしれない。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.14.Mon 21:31 | デッキ考察&紹介 | trackback(-) | comment(-)
年始から殺戮とは気が狂ってるぜ!!

あらすじ
死闘の末、宇宙船の中でプレデターから飛び出たチェストバスター=ニュー・エイリアンは、船内で“プレデリアン”へと成長し、プレデターを次々と殺戮していく。コントロール不能となった宇宙船はコロラドの森へ墜落し、“プレデリアン”をはじめ、宇宙船に潜んでいた無数のエイリアンたちが獲物を求め飛び出していった。一方、宇宙船の異変に気づいた、エイリアンを駆逐することを生業とするニュー・プレデター<ザ・クリーナー>が地球へと乗りこんでくる。そして遂に始まった、人類の眼前で次々と繰り広げられる壮絶かつ凄惨な戦い。史上最も恐ろしい2大モンスターの激突の行方は?そして人類を巻き込んだ戦いの果てに待ちうける、驚愕の結末とは?人類が最も恐れていた悪夢が現実となる…。果たして地球に明日はあるのか?

この文章はgoo映画より引用しております。
素材の著作権はgoo映画に帰属します。



感想とか雑感とかネタバレとか
AVP1は完全に駄作だと思ったけどこちらはかなり良い。
といっても内容はグダグダだし、グロばっかりだし、人間ざくざくやられていきますが、プレデターとエイリアンというキャラをわかってらっしゃる。
プレデターが人間と仲良くしてはダメなんだよ~
孤軍奮闘するのがプレデターのキャラなのですよ。
そもそもエイリアンVSプレデターなわけだから、ストーリーなど関係ないのですよ。
偉い人にはそれがわからんとですよ(ぇ
そういった意味では今回の作品はエイリアンのキャラ色とプレデターのキャラ色がよくでた作品だと思ったよ。
惜しむらくは、バトルシーンが異様なまでに暗いこと。グロシーンが隠れるのは良心的だが、肝心のプレデターとエイリアンのバトルも暗くする必要性があったのかというとそりゃないでしょう。
ラストのプレデタリアンとプレデターの肉弾戦はもう少し照明を入れてほしかった。
今作では主人公っぽい人間はいるけど、彼らの印象は非常に薄く、逃げ惑う群集のひとつでしかない。
前作と違って、意気込んでエイリアンを倒すようなことはなく、主人公が行ったことは街からの脱出のみ。
主人公視点で見れば、パニックホラーで見れるのも面白い。
前作を見なくてもエイリアンとプレデターがすれなりに好きな人は見ても楽しめる作品。
悪役同士が暴れまわる様は見る人によっては不快極まりない映画だと思うので、その辺を理解して見に行きましょう。



今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.07.Mon 01:51 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)
今更ながら3枚溜まったので構築したよ・・・・

友人がアイディアに枯渇してたので、アイディア提供のつもりで作ったのにあの破壊力はないわ・・・・

作ろうとしているデッキがコンセプト上伸びしろが少ないとは言えジャンルとしては正解踏んでるので、こだわり無く「○○のファンデッキ作りたいです」(一応見せたい人がいるので内緒)って言われたらぜひお勧めしちゃうデッキだよ。

安定とかそんなチャチなレベルじゃないな~

ダークアームドドラゴンは久々に壊れだと思ったよ・・・・


今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.06.Sun 05:12 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)
の時間がやってまいりました。
去年の抱負を読んでたら

休日を50日切るってのがありましたが、残念(?)ながら成し遂げることは不可能でございました。
去年の今頃はいろいろ不安ありましてあんなこと書いてましたが、今年はそう考えると安定しているかなぁ~と感じてます(まぁ先のことはわかりませんが)

仕事のほうももう少ししたら少し落ち着きそうなので、向上心のほうをもう少しウエイトおいて、今やっている仕事を一生懸命やっていけたらいいかな~と思います。
一生懸命やらないと知識になりませんからね。

プライベートのほうは少し仕事に慣れてきたってこともありますし、何かやりたいですね~
まったく別の方向からアクションを起こしてみたい気もします。
まだ内に秘めている上にWEB上に公開はすれど、まったく別サイトなので、こちらでは関係ないかも。

今年の抱負は少し前まで、「継続」と「維持」だったけど今年はもう少し具体的なお話で、

「女」と「金」でいきたいと思います(ぇ


今日もお疲れ様です。でわでわ
2008.01.05.Sat 01:20 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)
あけましておめでとうございます。

すでに1月4日となってまして、あけおめ~って言ってる暇もないくらい日々できないことをやっていました(ぶっちゃけそうじと遊びと遊戯王)

ブログを覗けても書く暇ないくらい充実した日々をすごせましたよ。

社会人になって2年目ですが、いろんな人のお話を聞いて
「12月31日を平和にすごせる自分は幸せなんだなぁ~」って思いました。

日本の場合、お正月休みの人は多いはずです。日々がどれほど忙しくても12月31日くらいはお休みの人が多いのではないでしょうか?

そんな時、自分はどこにいるのでしょう?
家でしょうか?一人でしょうか?友達と一緒に年を越せましたでしょうか?
ホッできる場所にいないのなら、少し自分の人生について考えてみましょう。
それが自分の現在の状況です。

人生において、一年とは仮定に過ぎず。過ぎ去ることを気にしない人もいるでしょう。
だから、一年に一度くらいは今の状況を考えてみてはどうでしょうか?

「根が無ければ草は生えない」

当たり前のことながら、根の無い草はうまく生えないのです。どんなに大きな花を咲かそうと思っても、踏ん張る根っこがなければそもそも芽を出すことすら難しいのです。
その根を確認できるのが、そんな今を振り返った時だと思います。

一年の抱負を決める前に、それを可能とする根があるのか?それを維持しつつ、抱負を成しえる事ができるのか?
あと少し、わずかな時間ですが、考えてみてはどうでしょう?



今年もよろしくお願いします。でわでわ
2008.01.04.Fri 01:22 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2008.01 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。