FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
やっぱり二刀流

あらすじ
戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖刀と同じ百鬼丸と名付けられた子どもは成長し、魔物を一匹倒すごとに体の部位が1つずつ戻る定めなのだと知る。魔物退治の旅に出た百鬼丸は野盗・どろろと出会う…。

この文章はgoo映画より引用しております。
素材の著作権はgoo映画に帰属します。



感想とか雑感とかネタバレとか
アクションとか化け物(妖怪?)に関しては結構良いと思う。
まあ最近トニー・ジャーのアクションを見たので、アクションシーンがそこそこうまい程度だとあんまり「うまい」といえない状態なので、アクションに関しては「そこそこ」にしておきましょう。

とはいえ、この映画の作りとしてはアクション→説明→アクション→説明→アクションって感じ進んでいくので、アクションを面白く感じないとかなり厳しい。
武器も最初は両手から剣を出す(何か日本語おかしいけど)のは「どろろ」の原作しらない私から見ても「面白い」って感じたけど、その後は白打中心の回転系技のみ。
う~んああいうクルクルした動きはあんまり好きじゃないのだよね~
何をやっているかわからないところが誤魔化しっぽくて。
「七人のマッハ!」ではとにかく全員カカト落としやってたけど、器械体操とサッカー選手とセパタクローの選手がアレも当たる瞬間はスローだったし、それぞの競技特有のフォームから繰り出される「格闘らしくない」動きってのは敵に当たる瞬間「攻撃動作」になって動作として判定が可能なのだよね~
あんまりクルクル回ったり、切り落とす瞬間を見せないのはちょっと動きを確認する時に違和感があって個人的には「カメラワークが悪い」って判定になりますね~(首切りがあると確かR指定になるので、あんまり肯定できませんが)
2、3作目を作るかどうか知らないので、わかりませんが、とりあえず2作目に繋ぐ力は無いかな~と。
意外性のある武器を使用するわけでもなく、むしろ48箇所の体が戻ってくることで「普通」になっていく主人公。
「化け物染みた人間」は「人間になりかけ」って状態が個人的には一番面白い時期かな~と。それでも2以降にどろろのほうが役に立つてば観にいくかもしれません。
今回の柴咲コウの配役はいまいち最後までわからなかった。

百鬼丸を人間にする役目として必要なのはわかるにしても、何故おっかけていったのか全然わからない。盗人といいながらそれっぽいことは冒頭にかっぱらいをしただけだし、とにかく見ていて厳しい。
化け物は百鬼丸に任すとしてももうチョイ汚れ役になれなかったものかな~と。柴咲コウはコメディ女優としてはまだまだな感じが強くでた感じがします。

愚痴愚痴書いてますけど、可もなく不可もなくといった感じの映画。テンポは強引ながらもよさげ。
48箇所パーツなかったら死んでるじゃんとか。
生身に戻ったほうが強いってどうなってるの?とか。
つうか、ラスボスの醍醐景光が弱いんですけど。
なんてことを思わずに楽しめば大丈夫。
雪が綺麗だな~と相変わらず無意味な所でキラキラシーンを使うのが日本の金をかけた映画だと思ってみていますが、たいていこういうのはハズレだったります。


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.03.12.Mon 01:18 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。