FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
グロでごわす。



あらすじ
オランダ、アムステルダム。アメリカから来た大学生のパクストンとジョシュは、バックパッカーでヨーロッパの旅を楽しんでいた。途中、フランスからアイルランド人のオリーが加わってからは、彼らの遊びは益々過激になり、アルコールやドラッグで毎夜、騒いでいた。ある日、ホテルの門限を過ぎ、通りをふらついていると、ドラッグでハイになった男に声をかけられる。男は3人を部屋に入れると、デジカメの全裸の女の画像を見せる。このホステルに行けば、最高の女と楽しめると聞いた3人は、スロバキアに向かうのだった。

この文章は映画生活より引用しております。
素材映画生活の著作権はに帰属します。


感想とか雑感とかネタバレとか
ホラー映画とのことで刺激欲しさにみることに。
感想としてはかなり微妙。
少なくとも私にはちょっと。
スロバキアに行ってから女性とイチャイチャした彼らが出会った恐怖は「会員制拷問クラブ」への入会(当然拷問受ける側)。
グロイ内容なので、書くのもあれだけどアキレス腱切ったり、チェーンソーで指切られたり~と切ったり切ったりなので怖くは無い。
というか、多分誰しもが痛々しいと思うシーンってやっぱり切断面を露骨に見せられることだと思うんですが、そういったシーンは予想に反して「軽め」。
子供が大人を襲ってボコボコにしてしまうシーンはさすがに引いたが、それ以外はなんというかサラーっと流れてしまう感じ。
ホラー映画特有の田舎に行って怖い目合うシリーズなので、この手法自体に私が飽きてる臭い。
平凡な人が無意味に死んで行く姿はなんとも恐ろしい映画な感じがするけど個人的にはこういったホラーよりかは、モンスターや幽霊モノのほうが怖いかな。

得体のしれないものってのが自分的にかなり良い恐怖のアクセントになっている臭い。
人間が起こす快楽的猟奇行動は想像の範囲内なってしまうってことなのか~?
人間がいかに常識から逸脱した行動をとったとしても本人にはやった後はおいといて、やってる最中にはなんらかの理由があるわけだからその辺の理由づけがぴっちり自分の中で来てる分、恐怖の対象が拷問シーンのみになってしまうんだよね。
自分的に苦手な砕けるシーンと刺さるシーンがなくて余計にさらっと見れてしまった。

テンポは悪くないので、こういったリアイズム重視の映画好きな人には怖い夜を味わえるのではないでしょうか?


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.04.15.Sun 00:48 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。