FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
とにかく走って飛べ!!

あらすじ
高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。過去に飛べる能力。世界は私のもの!と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバイス。真琴はタイムリープで東奔西走するのだが…。


感想とか雑感とかネタバレとか
評判が良いとのことで見た映画。
見終わってからも「良作」って感じるから予備知識なしで突っ込めばもっと感動できたかも知れない。
う~ん「となりのトトロ」で例えるとかなり失礼かもしれないが、あれと同じくらい非凡と平凡が混じったお話です。
タイムパラドックスモノは昔から好きな口なので、その辺も私の感性とマッチして余計良い作品に感じてしまう。
シナリオはまあ伏線なしでいきなり結果を突きつけられるので、そりゃびっくりしますが、そういった部分を楽しむ映画では無いような気もします。
後半からのテンポがかなり良い。あっさり見れた。
終わりは全てがハッピーエンドってわけでも無いが、すっきりしていてまとまってます。

タイムパラドックスモノ大好きな人には良い作品だと思いますよ~



以下長い余談
私は良い歳したおっさんなので、今回の「時をかける少女」には非常に強い哀愁を感じた。
主人公の真琴はとにかく走って飛び回る(走って飛ぶと時をかけることができるって設定みたい)。ラストシーンもとにかく走る。
全力で、がむしゃらで。
「あ~俺も高校時代こうだったよな~」と思える。
チャリンコで好きな子後ろに乗っけて、
太陽の下でめちゃくちゃ遊んで、
ケンカがあって、
顔面にボールぶつけられて、
後ろから蹴られたり、
空見たり、
夕日感じたり、
「あ~青春って素晴らしい」って哀愁にふけったよ。

ちなみにエンディングで真琴は千昭に未来で待ってるって言われて、真琴が千昭が生まれる未来まで待つか、単純に絵を真琴が未来まで守っていくのかは、映像もなく、観客に結論を委ねてるわけだが、せつないね~って感じ。
個人的には全部の記憶を消して、千昭が未来に戻ってたら絵だけ残ってるっていうエンディングが良かったけどなぁ~
待ってるのが性分に合わない真琴が待つってのが考えられない。
そうなるともし先の未来で出会う機会があるのなら。

何もなければ、何も生まれてないのですよ。
そっちのほうが幸せなような気がします。


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.05.28.Mon 00:17 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。