FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
デッキ構築はしいて言うなら「動きの幅」
無いプレイはできない。
プレイヤーができる構築面の努力とは確率の向上のみ。
3枚積めば、初手から理想的プレイができ、逆に相乗効果を期待したカードは必須となる。
相乗効果を読み取るのが非常に難しい。
そのデッキをプレイしていれば必ずおきる現象(手札切れ、デッキ切れ、紙カードの増加)を見事に還元できるカードでありながら、初手においてはまったく役に立たないカードとなる(まあ悪まで理想論だが)

その辺はデッキを実際に回してみてやってみないとわからず、プレイした数でしかわからない。
何故プレイしてみないと相乗効果が見えないかは、相手との比較によってその現象を感じることができるからだ。
相手より手札切れがおきにくいデッキにドローソースを入れるのはナンセンスである。
敗因から相手より劣ってる部分をどう少ないスペースで切り返すかが腕の見せ所。
勝利からより再現率を高めるのも腕の見せ所。
前者は相乗効果。
後者は確率論。
この辺の調整が難しい。

次にプレイング。
このカードゲームはどうがんばっても初手5枚から始まるカードゲーム。
つまり、引いたカードで引くカードでプレイが決まる。
これはデッキ構築は無視した考え方。
目の前のプレイヤーに対して、相手のデッキに対して、弱点を探るプレイ。
動きの幅が広いカードならばプレイヤーへの負担が増える。
どのカードがキーカードなのか?見切るテクが必要となる。
動きの幅が広いカードほど選択肢は広く難しい。
狭いデッキを選択する場合、できることは限られている。故にプレイミスが少なく、逆にどうプレイしても挽回できないデッキが多い。

最後に運。
当日の大会で一番重要な部分でありながらなんとも伸ばせない部分。
当たり運。引き運。
この辺は当日に誰かが適当に決めてしまうのでまったくあてにならない。



個人的には最近の強いデッキはプレイ幅が狭いかな。ある一点に特化したプレイが可能がデッキが強く感じる。
「初手からこういうプレイがしたい!!」って頭にあるならそれに順じた構築をするわけだから、そこを理解しておけばコピーデッキでも結構やってけれるもんだよ。
それで最初に話が戻って、明らかに邪魔なカードも見えてくる。ポテンシャルを無視したというか。明らかに地域を考慮したカードがある。
そこくらいは改造しましょって感じかな。



今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.09.02.Sun 01:22 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。