FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
ネオスビート作っている最中にひたすら考えていたことが「無駄引き」のディスアドバンテージについて。

例えば、初手エマジェンx3、増援x2でドローエアーと
初手穴ネオスx3、ならず者、ネオス、ドローエアーの場合。

両方ともモン事故ではあるが、前者はデッキを6枚圧縮でき、後者はエマジェンx3、増援x2がディスアドバンテージとしてデッキ内に残る。
長期戦になれば確実に訪れるこの無駄なドロー。
本来なら毎ターン訪れるはずのハンドアドバンテージの補給は見た目では行われるが、まったく役には立たない。

つまり、「3枚積めば確実に引く確率も上がるが同時に、カードによってはディスアドバンテージを2枚増やす」ってこと。

本来ネオスは「引くカード」ではなく、「手札に加えるカード」
そして、今回のネオスビートは
手札断札でマイナス1のアド損。
生還の宝札発動でマイナス1のアド損。
オーバーソール発動で場に1枚、手札に1枚のアド得。
さらに戦闘破壊で1枚の損失を相手に生み、ダメージを与えることでライフアドバンテージの損失を相手に与えるデッキ。

ここで、「無駄引き」がのアド損が入ると、生還の宝札で得られるはずのハンドアドバンテージが見た目はプラス1でも、実質的には0となる。
宝札発動時にオーバーソールを発動させ、場にネオスを召還することにより断札、宝札のアドバンテージがトントンとなるのに、「無駄引き」を行うことによって下がるのは正直辛かった。

「生還の宝札」あたりがなぜ2枚かという疑問もあるが、生還の宝札を3枚発動させ、オーバーソールを発動させれば確かに3枚ドローと場にネオスが立つが、その仮定で確実に3回「無駄引き」を行っているってこと。
私の結論的には「生還の宝札は3枚発動させてプレイさせるカードではなく、ならば3枚目の生還の宝札はアドバンテージの損失を生み出すカードでしかない」ってこと。

デッキ回転は確かに遅くなったが、安定感は増した。
途中でディステニーネオス、カタパネオス、パーミネオス、やりくりネオスなどなどごちゃごちゃ作ったため、デッキの基盤作りに時間がかかりすぎたのがやはり問題だった。
公認大会に1回出ておいて、デッキスペックを正しく認識しておけばもう少し伸びしろが見えたかもしれない。
現状のネオスは「場に出せ、よく引けるが、倒せないデッキ」で止まっている。
要するに本来存在していたネオスのオーバーラッシュが弱くなっているということ。

安定感と展開力はそこそこ維持できたが、爪が甘かった。
サイドチェンジしながら、構築進んでる感じがしたからね~
あと少し伸びるし、伸ばしたところからメタゲームと勝負すべきだったね。

ただ、この「無駄引き」の考慮してデッキを組むと「引けなければ意味が無い」という考え方がやってくる。
しかし、考えてみればわかると思うが、決闘の最中に「手札で腐る」カードを引いてしまえばそれは「無駄引き」なので、すべてのカードが「無駄引き」カードになりうるのである。
つまり、構築途中の調整レベルのお話。
通常の決闘中にそのカードを引くことで負けに繋がるならば、そのカードの枚数は減らすべきであり、そのカードを抜く理由を考えた時に、「無駄引き」を起こしやすいカードってことになる。

逆に「無駄引き」をまったくしない状態を「鬼引き」とも言えると思う。
引いたカードが常にアドバンテージの得に繋がるならば、相手に負けるはずもなく、負けてしまうようならば、根本的にそのデッキが弱く、勝ち前提で考えるならばチョイスミスとなる。



今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2007.11.13.Tue 00:55 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。