FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
子供の頃は賄賂とか接待とかして仕事とったり、
現役を引退して天下る人たちを見て完全な「悪」を感じたけど社会人になって
「ああ。それもありなのかな~」って感じがしてます。

「天下り」に関しては世間の皆様は叩くけど、犯罪でない以上、罰則が生じない。
つまり、システムとして安定した機能を成立させているわけである。
就職を控えた若者がどこまで将来について考えているかわからないが、国の大物がこの「天下り」について、罪となされない限り若者から見れば「希望」に見える。

考えて見てほしい。若い人は「動けば働ける。金が稼げる」と考えていい。
ゆえに体は若者にとって資本であり、企業に対して「健康な体」は良い「投資」となるわけである。人間の与える利益は、ありとあらゆる高性能機械を上回る。
若者は上り坂を登る力がある。具体的には「意思を具現化する力」だ。
改善心を持ち、我の善により効率を上げることができる。
それが「若さ」だと思う。
では逆に年寄りとは何か?
効率化された存在ではあるが、体が動かない人となる。
利益で考えれば、効率化された存在でもあるため、計算できる領域でしか仕事ができない(それでもその平均値を向上するシステムを持っている会社ならそれで十分だと思う)
完全分業制の企業の場合、人は部品と考えても良い。
部品は交換が効くように設計を行うのが現代のセオリーなので、そういった人たちは捨てられていくのである。
そういった際、ゴミ箱へ行くのではなく、途中で拾ってくれるところが「天下り先」となる。
人生60年。果たして自分に会社から捨てられずやっていくだけのスキルはあるのか?
また、自分の尽きたい場所に将来性はあるのか?
この将来性というのは個人的面なのか、企業的面なのかもしっかり理解して就職活動はやってほしい。

今日もお疲れ様です。でわでわ




スポンサーサイト
2007.11.26.Mon 22:41 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。