FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
世界大会も終わったことだし、ちょっと思ったことを徒然。

遊戯王自身とは近くなく遠すぎずの状態なので、なんとも言えないけど結果から感じるのは小波劇場であったということ。

世界を制したのが、剣闘獣で多かったのがライロ。
両方とも小波のデザイナーズデッキのジャンルであり、名前が長くなる傾向にある遊戯王のデッキネームにて、超絶に短い名前であるファンデッキが世界を制した形となる。

当然モン、魔法、罠におけるバランス、調整はユーザーに預けてあるためユーザーがデッキ構築の楽しみを損なわれたわけではないが、なんか釈然としないものがある。

1エキスパンション、もしくはそれに近いストラク+拡張パックで仕上がるデッキは新規ユーザーに向けて売り出す分には非常に良いと思う。

裁きの龍の大味さは久々に「遊戯王」な気もする。

ただ、過去登場してきた強いデッキってのは強い壊れカードには多数のシナジーが存在し、ゆえにアンチ(カジュアルプレイヤーとか)とガチデュエリスト(トーナメントプレイヤーとかかな)で壁があった。

そういう時代が終わったな~とよくも悪くも思う。

どっちが良いかは私では判断しかねる。
小波がこのまま、あるエキスパンション周期で壊れカード込のデザイナーズデッキを量販した場合とダムドやダークシリーズのように、多数のシナジーを含む壊れカードを生み出すか・・・・

ちなみにメリットとデメリットを簡単に考えてみる。

・あるエキスパンション周期で壊れカード込のデザイナーズデッキを量販した場合
メリット
・「初心者でも簡単に上級者に勝てる遊戯王」が復活する。
・魂のデッキ(?)が生まれやすい
・メタ的には読みやすくなる(デッキの決め手となるカード中心にデッキが成長するため(ライロ、グラディアルなどから類推)弱点カードも明確化する。そのため今回の環境ではメタビートが異常に強く感じる。)
・ルール的に管理しやすい
・1エキスパンションで構築可能であるため、金銭面的に大丈夫。

デメリット
・運ゲー要素が増す(これは小波が「初心者に勝ちやすく」ってテーマが大前提)
・構築要素が減る(モンスター等ある程度縛りがかかるため)
・タイプが生まれにくい(なくはないが初期テーマの劣化になる場合が多い)
・その後のエキスパンションで出るか不明(トゥーンまだ~?)。加えて制限改定次第ではデッキ崩壊


多数のシナジーを含む壊れカードを生み出す場合
メリット
・無名のカードまで模索する(最近のNブラックパンサーがよい例)
・デッキパターンが多数生まれやすく比較しずらい。
・調整された「壊れ」なら大丈夫(日本語おかしいけどガイウス、光と闇の龍あたりにしろ一応打開策と対応策が入れれた)
・エキスパンションごとに強化されるかどうか確認できる(これはあんまり良い楽しみ方とは言えないけど)

デメリット
・古いカードが再販されていない場合新規ユーザーは絶望的だったりする(高いし弱いし的な)
・ルール的に管理しにくい部分がある(去年は効果無効化の時代で意味不明だった)
・「壊れカード」が弱すぎるとハメゲーっぽくなる(まあ私は好きだが(ぇ)


いいのか悪いのはよくわからないけど今後小波がどのように展開していくのか?これによって変わるんじゃないかな~

今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2008.08.17.Sun 01:40 | 遊戯王的雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。