FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
「ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい」
例えば、入社1年生としては難しい仕事で、2年生から楽な仕事があったとしよう
作業する側としては、「与えられた仕事は100%こなす」としても、、教える側としては「それくらい早く終わらせてほしい」というほが本音。

個人的には「完璧主義」というのは作業において、無駄になる場合が多い。
例えば5工程あったとして、3工程あたりでチェックが入るのに、1工程目で完璧に仕上げる必要性があるのかということ。
質より速さを求める業務を確実にあるわけで、もしそこそこの器量のある上司なら部下のミスもカバーできる前提でその仕事を投げかけている。

「仕事の洗礼」という言葉がある。まあ前後左右わかって無い入りたての社員に難しい作業を与えて、能力を見るわけだ。
3段階で分けるなら、
優秀:その仕事が時間内にできた
良い:自分からアドバイスを受けに来て、時間内にできた
可:時間が立っても何も進んでいなかったので、アドバイスを与えたらできた

こんな感じ。どうやってもできないってのは論外ね。(上司として、責任を取らなきゃダメよ)

さて、新入社員としては目の前の仕事はそれなりのハードルなわけで、超えないとまずいってことだけど、その際に1人で超える必要性は必ずしもないってことを実感してほしい。
むしろ、全体を考えて、アドバイスを受けてある程度次の仕事に向かう手段をとってほしい。
個人的に新入社員は「仕事の質」より「仕事の量」だと思ってます。
わからんことに対してどこまで主体性を持って、方法論はさておき、回答を得ていくか?
これを作っていってほしい

自分のスキルではそのハードルが越えられないなら、くぐればいいじゃん。

あと実体験だけど、時間決まってる事柄に対して、一部を完璧にするってのは大体ミスってるよ
コアポジションであるとしっかり見極めているなら別だけど、全体の10%を完璧にして、残りの90%の質を下げるより、50%の質をそこそこに仕上げたほうが割りといいと思ってる。



でわでわ
スポンサーサイト
2012.09.02.Sun 21:57 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。