FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
トム・クルーズの作品は基本的に中の上って感じ。
2回みたいと思う作品が少ないんだよな~

あらすじ
時は2054年のワシントンD.C。
近未来では「予知システム」なるシステムの開発により、殺人事件を未然に防ぐことが可能となり、殺人事件はなくなった。
ある日、いつものように予知を見るとそこからは主人公でチームの主任でもあるジョン・アンダーソン(トム・クルーズでこの作品の主人公)が加害者として映し出される。
彼は事件が起こるその時間まで単身走査に乗り出す。
果たしてこれが本当に彼の未来なのか?


ネタバレとか雑感とか
始めは単なる近未来アクションものかな~と思ってボーッと見てたけど捻りがあったのが良かったかな。
「近未来設定」ってのが自分は苦手っぽい。なんであんなにピカピカ光らせるんだろ?とか毎回思ってしまう。
過去~現在あたりの設定が個人的には好きかな。
デスノートでは無いけど、犯罪者抑制の予言者がいなくなるということは再び犯罪が増えるってことなんじゃないかな~
未来が変えれる云々は「選択肢」が見えてのことだし。
蓋を開けてみないと生きてるか死んでるかわからん「シュレーティンガーの猫」状態なのが未来で、それに対しての答えがパラドックスの概念なのかな~
う~んまあ予言者の子達には悪いけど、予言してくれたほうが平和な気がする。
まあ深く考えちゃいかんね。「未来は自分で決める」ってことで自己完結。
良くもなく悪くもないトム・クルーズ作品ですな。
トム・クルーズ好きな人は見るべしって感じですね。



今日もお疲れ様です。でわでわ


スポンサーサイト
2006.01.28.Sat 01:26 | 映画の感想(ネタバレあり) | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。