FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

ちょいとお魔チィ ぷらす

遊戯王OCGというカードゲームに加えて適当に趣味のこと書いてきます。 コメントは拍手からお願いします。たまに書く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
朝日と共に生まれ、戸惑いの次に空腹がきて初めての食事を食べる。
食欲を満たす幸福を知る。

日が上りだすと暑さを感じ。外界へ興味を持つ。
一通り見回す頃には再びお腹が減り、食事を取る。
日がまっすぐ上に上り、もっとも暑い時がくる。
涼しき時を懐かしみ、日陰で肌を冷やす。

時がたつと日が暮れて、夕焼けになる。
初めての夕焼けは赤く、ある意味残酷で、ある意味綺麗に感じる。
刹那的な瞬間は終わり。日は暮れる。

夜と月をはじめてみる。何故暗くなったのはわからない。
何故月があんなに輝いているかもわからない。
ただそうなったことに慌てふためき、興奮もするだろう。
誰かが教えてくれる時もある。「日が照り、夜が来る」と。

更に暗く、真っ暗闇が訪れると共に眠気に襲われる。
この眠気は死への導き。寝たら人生は終わるのである。
必死に眠気を押しのけ、最後の最後までこの世を見渡す。
後悔もあるだろう。時間を無駄にしたことを悔やむだろう。
いい時を思い出すだろう。楽しかった時ほどあっというまだったことも。
一通り考えると、朝日が昇る。
その朝日を見て思うだろう。
「ああ、生と死は同じ時に訪れるものだ」と。
そして自分の人生の生涯を終える。

全てが流動的で、流されて、情報に飲み込まれ、それでいて全てに感動をする。

BY 「蟲師」第2巻・露を喰う群れを読んだお(^ω^)


今日もお疲れ様です。でわでわ
スポンサーサイト
2006.04.25.Tue 00:00 | 日々の雑記 | trackback(-) | comment(-)






<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

魔チィ
現在修行中
日本語のわかる外国人から日本人にレベルアップした!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。